人生は夕暮れから面白い

冒険心と感動を持たない人生はつまらない

刺激のない毎日を送っています(/_;)

 今日は起きれば11時半でした・・。昨日寝たのが12時半・・。すると11時間も寝ていたことになります。起きれば家の中がやたら静か・・。????という気持ちで、珈琲飲みながら新聞を読もうとすれば新聞も置いてないです・・。再び????がアタマに付いて、しばらくホケェ~~っとしていたら、あっ・・、そうかぁ今日は月曜日でみんな仕事なんだ・・。それに新聞は休みって昨日折り込みが入っていたなあ~~と記憶が戻ってきました。

 昨日、寝る前に睡眠薬を飲んだのです。どうも、この頃クスリのお世話になると次の日がアタマ空白になってしまいます。

 でも、松山では飲んだのが8時半だったにしろ、よく自力で4時半に起きられたものですよ。さすがぁ、意思があれば違うのかな・・と不思議な驚きです。

 朝と昼の兼用は2時半でした。どうも空腹とは程遠く、食欲もなかったです。

 

 携帯見れば友達から刺激的なメールが入っていました・・。世間の人は刺激のある生活を送っているんだなあ・・とこれは新鮮な驚きでしたね・・・。(^_^)/~

 

 

「地下鉄某駅の上りのエスカレーターに乗っていると、我が左側をメッチャ短いミニスカートの女がサッサァ~と登っていたんです。
 どれくらい短いかと言うと、スカートの裾の高さが膝上何㎝などという刺激のないものではなくて、尻の穴と同じくらいの位置なんですよ。
だからもう、女が私より数段上まで登っていった時点で真っ赤なPが丸見えだったんです。それはそれは衝撃的でした。
 Tバックとまではいかずとも、それに近いくらいに食い込んでたんです。

 私の4段上に30歳くらいのニーチャンが立ってたんですけど、彼もそのPに釘付けになり、赤いPが先に行ってしまった後で、ニマァとしながらも戸惑ったような顔で後ろを振り返ってましたですよ。
 彼も驚くやら嬉しいやら、こんなことってあるんかぁ?あんなんエエんかぁ?って心境だったんでしょうねぇ。
 女はこれ見よがしに私を含めた男どもの視線をPに集めたろう、という魂胆だったんでしょうねぇ。
 極短いスカートと真っ赤なPの組み合わせですから、何気にそこへ視線が集中しますよねぇ。
 でも、不思議なこと?があるのですね。
 このミニスカート事件は驚きの一言でしたね。」

 

 とこんなのでした・・(^_^)/~。

 何だか光景が手に取るように想像できます・・。(^_^)/~ワタシはこんな場面に遭遇したことが無いのですよ。

 ほとんど公共機関を使うことが無いし、市内の移動はバイクか自転車が多いですからねぇ。

 バイクは早すぎて周囲に余り関心も持たないし、自転車はモタモタ婆にヨロヨロされたりしてイライラするし、下から見上げることも無く絶えず上から見下ろす場面ばかりですからね・・・。

 地下鉄通勤、結構刺激的ですよねぇ・・・。(^_^)/~ギャハハハ~~~~。

 

 夕方になって外に出てみようと散髪に行きました。長すぎた髪が気になっていたのです。やはりカットしてもらったらすっきりしましたよ・・・。

 でも、若い時の写真見ればいつも両耳が見えないぐらいの長髪でした。肩まではかからないにしろ、そんな長髪がトレンドの時代があったのですよねぇ・・。

 その時の気持ちを思いだしてもわからないです・・・。(/_;) 気色悪くなかったのかな・・・って。

 

 散髪の往復はバイクでしたからやはり刺激はありませんでした。何も、目が釘付けになるようなものも無し・・・・。

 散髪代は1200円だして12円のお釣りが来るのですよ・・。(^_^)/~。

 えぇぇ~~、安い・・!。確かに安いです。今まで行っていたところが1900円でした。こちらも安くて丁寧でしたが、それに劣らず丁寧だしさらに安いのです。

 まあ、シャンプーは無しにしていますけどね・・。帰ってからシャワーを浴びてアタマは2度洗いましたよ・・(^_^)/~。また夜に風呂に入った時にももう一度洗いました。

 ワタシの刺激ってシャンプーの洗いすぎの刺激くらいしかなかったですねぇ・・・。アタマひりひりするぅ。

 ホントつまらない・・・・。(/_;)。

 

 

 

 

日本ブログ村に参加しています。
にほんブログ村